Top > ネットワークの設定

Linux Edit

設定ファイル Edit

/etc/sysconfig/network Edit

NETWORKING=yes
NETWORKING_IPV6=yes
HOSTNAME=www.betatechnology.jp

/etc/hosts Edit

ホストとIPアドレスの対応を記述するファイル。
ファイルを変更・保存すればすぐに反映される。
普通はDNSサーバを参照して名前解決するので、特別な事情がなければこのファイルは触れなくても構わない。

/etc/resolv.conf Edit

参照するDNSサーバを指定するファイル。
ファイルを変更・保存すればすぐに反映される。
CentOS6などでは、ifcfg-eth0に書いた情報により自動的に上書きされることがあるらしい。

例:

domain   betatechnology.jp
nameserver XXX.XXX.XXX.XXX
nameserver XXX.XXX.XXX.XXX

domainを指定すると、その名前解決時に自動的にそのドメインをつけてくれる。つまり、ping aaaだけでaaa.betatechnology.jpを探してくれる。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 Edit

固定IPの場合

DEVICE=eth0
ONBOOT=yes
BROADCAST=XX.XX.XX.XX
HWADDR=XX.XX.XX.XX.XX.XX
NETMASK=XX.XX.XX.XX
NETWORK=XX.XX.XX.XX
IPADDR=XX.XX.XX.XX
GATEWAY=XX.XX.XX.XX
TYPE=Ethernet

DHCPの場合

DEVICE=eth0
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=dhcp
HWADDR=XX.XX.XX.XX.XX.XX
TYPE=Ethernet

ファイルを変更したら

/etc/init.d/network restart

でネットワークサービスを再起動し、

ifconfig -a

で設定が反映されているか確認する。

参考リンク
http://web.mit.edu/rhel-doc/4/RH-DOCS/rhel-rg-ja-4/s1-networkscripts-interfaces.html

名前解決のテスト(nslookup) Edit

$ nslookup www.google.co.jp
Server:         211.9.34.97
Address:        211.9.34.97#53

Non-authoritative answer:
Name:   www.google.co.jp
Address: 74.125.235.127
Name:   www.google.co.jp
Address: 74.125.235.119
Name:   www.google.co.jp
Address: 74.125.235.120

Non-authoritative answerというのは、ゾーン情報に関して権威の持たないものからの回答、という意味。例えば、対象ホストがさくらインターネットのサーバなら

> server ns1.dns.ne.jp

としてさくらインターネットのDNSサーバを指定してやれば、Non-authoritative answerはでなくなる。

http://linux.kororo.jp/cont/server/nslookup_dns.php

Windows Edit

設定 Edit

Windows 8 Edit

コントロールパネル→ネットワークと共有センター→イーサネット→プロパティ→インターネットプロトコルバージョン4を選択してプロパティ

名前解決のテスト(nslookup) Edit

Linuxのコマンドと同じ。



URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes