ASP FAQ

ASPでOracleに接続するときの注意点 Edit

ASP で、ORACLE との連携を行うときに、注意すべき点を挙げておきます。

http://www.interq.or.jp/www-user/komurak/iis/oracle/

soXXX(StaticObject)について Edit

EXXX-XxxxのASPに出てくるsoXXXという名前の変数は、global.asaで次のようにして宣言しています。

<OBJECT RUNAT=Server SCOPE=Session ID=xxxxxx PROGID="xxx.yyy">
</OBJECT>

ASPでxxxxxxという変数名で最初にアクセスしたときにIISが自動的にクラスxxx.yyyを作成し、ASPに渡します。

SCOPE=Sessionと書いてあるので、そのオブジェクトはセッションが切断されるまで存続し、

それ以降ASPから要求があったときは、さっき作ったxxx.yyyのオブジェクトを渡します。

参考:

Application StaticObjects コレクション

http://www.microsoft.com/windows/windows2000/ja/advanced/iis/htm/asp/vbob5uem.htm

Application オブジェクト

http://www.microsoft.com/windows/windows2000/ja/advanced/iis/htm/asp/vbob8zw4.htm


    Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes