Top > ネットワークの設定

#contents

*Linux [#b643c186]

**設定ファイル [#d504b7ec]
***/etc/sysconfig/network [#tda261b5]
#pre{{
NETWORKING=yes
NETWORKING_IPV6=yes
HOSTNAME=www.betatechnology.jp
}}

***/etc/hosts [#qec717c9]
ホストとIPアドレスの対応を記述するファイル。
ファイルを変更・保存すればすぐに反映される。
普通はDNSサーバを参照して名前解決するので、特別な事情がなければこのファイルは触れなくても構わない。
***/etc/resolv.conf [#ofd47c30]
参照するDNSサーバを指定するファイル。
ファイルを変更・保存すればすぐに反映される。
CentOS6などでは、ifcfg-eth0に書いた情報により自動的に上書きされることがあるらしい。

例:
 domain   betatechnology.jp
 nameserver XXX.XXX.XXX.XXX
 nameserver XXX.XXX.XXX.XXX
domainを指定すると、その名前解決時に自動的にそのドメインをつけてくれる。つまり、ping aaaだけでaaa.betatechnology.jpを探してくれる。

***/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 [#ea2cc546]
固定IPの場合
#pre{{
# Intel Corporation 82547GI Gigabit Ethernet Controller
DEVICE=eth0
ONBOOT=yes
BROADCAST=XX.XX.XX.XX
HWADDR=XX.XX.XX.XX.XX.XX
NETMASK=XX.XX.XX.XX
NETWORK=XX.XX.XX.XX
IPADDR=XX.XX.XX.XX
GATEWAY=XX.XX.XX.XX
TYPE=Ethernet
}}

DHCPの場合
#pre{{
DEVICE=eth0
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=dhcp
HWADDR=XX.XX.XX.XX.XX.XX
TYPE=Ethernet
}}

ファイルを変更したら
 /etc/init.d/network restart
でネットワークサービスを再起動し、
 ifconfig -a
で設定が反映されているか確認する。

参考リンク
http://web.mit.edu/rhel-doc/4/RH-DOCS/rhel-rg-ja-4/s1-networkscripts-interfaces.html
**名前解決のテスト(nslookup) [#s55dc855]
#pre{{
$ nslookup www.google.co.jp
Server:         211.9.34.97
Address:        211.9.34.97#53

Non-authoritative answer:
Name:   www.google.co.jp
Address: 74.125.235.127
Name:   www.google.co.jp
Address: 74.125.235.119
Name:   www.google.co.jp
Address: 74.125.235.120
}}
Non-authoritative answerというのは、ゾーン情報に関して権威の持たないものからの回答、という意味。例えば、対象ホストがさくらインターネットのサーバなら
 > server ns1.dns.ne.jp
としてさくらインターネットのDNSサーバを指定してやれば、Non-authoritative answerはでなくなる。

http://linux.kororo.jp/cont/server/nslookup_dns.php
*Windows [#q380b865]

**設定 [#ua937c56]
***Windows 8 [#h9c1842b]
コントロールパネル→ネットワークと共有センター→イーサネット→プロパティ→インターネットプロトコルバージョン4を選択してプロパティ

**名前解決のテスト(nslookup) [#zed99f3b]
Linuxのコマンドと同じ。

    Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes